多嚢胞性卵巣症候群の場合双子ちゃんの可能性が高い?

多嚢胞性卵巣症候群の場合って、双子ちゃんが生まれる可能性が高いって本当!?
MENU

多嚢胞性卵巣症候群の場合双子ちゃんの可能性が高い?

多嚢胞性卵巣症候群は、排卵を促す為にクロミッド製剤やヒト絨毛性ゴナドトロピンを注射投与するhMG-hCG療法などの排卵誘発剤による不妊治療が行われますが、排卵誘発剤の影響で双子の赤ちゃんなどの多胎妊娠の確率が自然妊娠に比べて高くなります。

 

多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の中に未成熟の卵胞がネックレスの様に溜まってしまう症候であり、稀発月経や無排卵性月経、無月経などの月経不順引き起こす為、多胎妊娠どころか自然妊娠すら出来ない病態もあります。

 

双子には、細胞分裂の過程で受精卵が二つに分裂する一卵性と卵子が2個排卵され受精する二卵性があり、一卵性と二卵性をあわせた多胎妊娠の確率は一般的に1%〜2%程度とされていますが、クロミフェンやセロフェンなどの経口型排卵誘発剤の服用時は、多胎妊娠の確率が5%程度になるとされています。更に、hMG-hCG療法などの注射による多嚢胞性卵巣症候群の治療は、多胎妊娠の確率が約20%程度になるとされています。

 

クロミッド製剤系の排卵誘発剤の服用は、頭痛や嘔吐、下腹部痛など症状の軽い副作用が大部分で、クロミッド系の排卵誘発剤は比較的安全とされています。しかし、卵巣過剰刺激症候群など副作用を発症するケースもあります。

 

また、排卵誘発剤の長期服用は頸管粘液の減少、子宮内膜の発育悪化などの副作用を引き起こすリスクがあるので、医師の指示や用法用量を守ってしっかりと服用する必要があります。

このページの先頭へ