多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)がピニトールで改善!?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をピニトールで改善する効果が期待できるって本当!?ピニトールを簡単に摂るには、サプリメントが一番です!
MENU

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)がピニトールで改善!?

多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣内に卵胞が排出されず多嚢胞化している病態をさし、卵巣内に卵胞がネックレスの様に並んでいます。

 

多嚢胞性卵巣症候群は、卵胞の発育を促進する黄体形成ホルモンと卵胞刺激ホルモンのうち黄体形成ホルモンの分泌量が増加し、卵巣の内莢膜細胞を増殖肥厚させ増殖肥厚した莢膜細胞がテストステロンを過剰分泌する内分泌異常やインスリン抵抗性などが原因と考えられています。

 

対応としては、クロミフェンやセロフェンなどの排卵を誘発する医薬品やhMG-hCG治療法、カウフマン療法、腹腔鏡による外科手術等が一般的ですが、欧米ではアーユルヴェーダで糖尿病治療に用いられていたブーゲンビリアの葉に含まれるピニトールが注目されています。

 

ピニトールは、日本ではイカダカズラと呼ばれる植物に含まれるカイロイノシトールにメチル基をエステル結合させた化合物であり、天然成分である為に副作用が少ないとされています。カイロイノシトールは、細胞膜表面のチロシンキナーゼ共役型受容体とインスリンがジスルフィド結合する事で生成される二次的な情報伝達物質としてインスリン代謝を促進し、インスリン抵抗性やテストステロンなどの男性ホルモン濃度を低下させる事で体内のホルモンバランスを正常化し、月経不順や無月経など多嚢胞性卵巣症候群の症状を改善します。

 

また、多嚢胞性卵巣症候群との関連性が注目されている肥満症の予防や解消にも有効とされています。

このページの先頭へ